ジャニーズグッズ買取

ジャニーズのグループは数が多いだけに、グッズの種類も膨大な数になります。グループ全体を通しての人気ベストスリーは、次のようになります。第3位はうちわ、コンサートで推しメンバーの応援には欠かすことのできないグッズです。第2位はパンフレット。ツアーでしか買えず、会場でしか売っていないため売り切れ必死のマストアイテムです。第1位はやはりペンライト。コンサートでの演出にも使われるため、ライブでは必須アイテムです。しかし、ツアーごとに購入すれば数もかなりのものになってしまいます。

ファン歴が長ければ長いほど、所持するグッズも多くなるでしょう。ファンはやめなくても、グッズもいつかは処分しなくてはいけません。ひとつひとつに思い出もあるでしょうから、処分するのもつらいと思います。少し考え方を変え、処分するのではなく買取をしてもらい、そのお金で新しいものを購入すると考えてみてはいかがでしょうか。ジャニーズグッズは人気があるので買取業者もたくさんあります。インターネットで検索すれば簡単に見つけることができます。ただ、詐欺が多いのも事実です。詐欺業者のサイトは、情報が少ない場合が多いので、ホームページで住所や電話番号などの記載をしっかり確認し、お店の評判も調べ、安心できるところに買取してもらいましょう。

自分の一番好きなものを手放すわけですから、つらくない訳はありません。思い出も多くあることでしょう。単純に手放すというよりは、新しく興味を持ったものに交換するという気持ちを持ってはいかがでしょうか。なかなかあきらめ切れないとは思いますが、割り切る気持ちも大切です。

ジャニーズのグッズ

ジャニーズのグッズといえば、やはりうちわでしょう。コンサート会場で売られている中でも、人気のある1品です。その要因は、片面がそれぞれグループのメンバーの顔写真になっていること。ライブ中に自分が推しているメンバーの名前を叫びながら、うちわを振る応援が定番となっています。また、ペンライトも人気のグッズのひとつです。曲に合わせて使う演出もあり、コンサートには欠かすことのできないグッズです。実は、ジャニーズのペンライトはツアーごとに変わり、その年のコンサートツアーの会場でしか手に入りません。そのことがレアグッズとして、人気の理由のひとつにもなっています。

最近ではファンライトと言われる嵐のグッズが人気で、うちわとペンライトを合わせたものになります。コンサート会場でこのファンライトを会場外にあるチケットと同じ色の「デジ嵐くん」という機械にタッチして設定すれば、ライブの演出に合わせて光を放ちます。持って応援すれば、ライブ感をより実感できます。

しかし、いつまでも好きなグループのファンでいる訳にもいきません。自分自身も年齢を重ねればライフスタイルも変わります。結婚もすれば子供もできるでしょう。テレビなどで応援する分には構いませんが、それまで集めたグッズなどの処分の必要も出てくるでしょう。そうなれば断捨離の精神で手放すしかありません。しかし、今まで購入した費用もある程度掛かっているでしょうから、簡単に捨てる訳にもいきません。そんな時は、アイドルグッズの買取業者に買取をお願いするとよいでしょう。それでは買取方法をご紹介しましょう。

推奨リンク【嵐・ジャニーズグッズ・DVD・CDの高価買取はジャニランドにお任せ

ジャニーズのファン

男性アイドルは、ほぼ独占状態にあるジャニーズ事務所。人気グループが数多く在籍しています。嵐を筆頭にTOKIO、V6、KinKIKids、タッキー&翼、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Sey!JUMP、Kis-My-Ft2、SexyZone、A.B.C-Z、ジャニーズWESTなどテレビで見ない日はありません。他にも、俳優を中心として活躍している生田斗真、風間俊介、中山優馬。昨年いっぱいで惜しまれつつ解散してしまった怪物アイドルグループSMAPなど数えたらきりがありません。

ジャニーズのタレントと言えば、人気が出始めたのはたのきんトリオからでしょう。学園ドラマとして爆発的ヒットした「3年B組金八先生」に出演していた田原俊彦、野村義男、近藤真彦の3人のユニットで、グループは組みませんでしたがすごい人気でした。それを継いだのがシブがき隊で、その後続いたのが少年隊、男闘呼組、忍者になります。そして、今や伝説のアイドルグループと化した光GENJIです。当時の人気は本当に凄く、それこそ分刻みスケジュールだったと言われています。アイドルグッズも光GENJIの頃から種類も豊富になっていきました。

それまでのアイドルグッズと言えば、平凡や明星などに付いてくるポスターや雑誌の切り抜きなどをファイルしたりするのが一般的でした。それが、たのきんトリオが人気になり出した頃から、原宿などでアイドルの生写真が売り出され人気を呼びました。同じ頃デビューしたおニャン子クラブもやはり女性アイドルとして大人気を得て、同様に生写真が数多く売り出されました。それと同時にカメラ小僧というアイドルを専門に撮影し、生写真を売って商売にする人たちが現れました。ちょうど1眼レフカメラの性能も上がり、望遠レンズなど機能も飛躍的にアップしたことも重なりました。その後、さまざまなアイドルグッズが販売されるようになりました。